読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株初心者が絶対に知るべき損切りの重要性、3年間で得られる複利でのさまざまな損益について

株・投資


スポンサーリンク

 3年間で得られる複利でのさまざまな損益

1年目損益 2年目損益 3年目損益 3年間の総損益 年平均利回り
10% 10% -10% 8.90% 2.90%
20% 20% -20% 15.20% 4.90%
30% 30% -30% 18.30% 5.80%
40% 40% -40% 17.60% 5.60%
50% 50% -50% 12.50% 4.00%
60% 60% -60% 2.40% 0.80%
70% 70% -70% -13.30% -4.70%
80% 80% -80% -35.20% -13.50%
90% 90% -90% -63.90% -28.80%

 

この一覧表も伝説的トレーダー、マーク・ミネルヴィニが「ミネルヴィニの成長株投資法」で紹介している。以下、ミネルヴィニの言葉を引用する。

 

2年は50%の利益が出て、1年は50%の損失が出るという条件で、私があなたに複利で3年のリターンを保証すれば、かなり良い取引だと思うかもしれない。だが、もう一度、考えてみよう。実は、どういう順序かは関係なく、この場合のあなたのリターンは3年で12.5%、年平均で約4%になる。これはとるべきリスクの大きさを考慮すると、株投資であなたが望むリターンではないだろう。実は、「2年の利益と1年の損失」で、うまみのある取引はない。良くても、せいぜい30%の利益が2年と30%の損失が1年の場合だ。このときの年平均リターンは約5.75%だ。それほど素晴らしい数字ではないだろう。これは損失がいかに幾何級数的にマイナスに働くかを示している。大きな結果を残すためには、リスク・リワード・レイオ(リスクと利益の比)という点で、利益が損失を上回っていなければならない。これに議論の余地はない!

 

関連エントリー 


株初心者が損切りの重要性を知るために必要なたった一つの表 - No Money, No Freedom

 

関連書籍

ミネルヴィニの成長株投資法

ミネルヴィニの成長株投資法

 

 

follow us in feedly


スポンサーリンク